減封のうえ備後国への国替えのお沙汰がございました。

鶏飯でございます。

昨日、勤め先にて、鶏飯異動の内示がございました。

内容はタイトルのとおり、実質的な減俸のうえ広島県の福山の事業所に、営業担当者として異動せよとのこと。

鶏飯の家の状況(介護や両親の状況)は会社にも伝えておりましたが、そのようなものは知らなかった(担当役員談)とのこと。

減俸の部分は、現在の家の状況から単身赴任となることによる持ち出し分のことを指しております。

しかも、昨今の会社の状況を考えますと、今回の異動は限りなく片道切符。

もう、高松には戻れませんでしょう。

齢も齢、このまま単純に仕事を辞めても、何にもなりませんので、一旦は異動を受け入れることにいたしました。

当面は、経済的にも首の回らないような状態となりますが、なんとか最低限度のドール活動は維持できましょう。

職種の関係からも、休日の方が忙しくなりますので、イベント等も例年の東京遠征だけに絞りましてもどのように維持するかといった状況でございます。

しかし、まあ、なんともやるせないものでございます。

スポンサーサイト
[ 2016/09/28 08:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)